Googlemapをより便利に使う方法について

subpage01

Googlemapの機能を最大限に使えるようにするのがAPIです。

地図自体はURLをHTMLに記述すれば表示は可能です。


しかし、表示した地図の機能を強化したい、地図から情報を収集してデータベースに格納したい時などはAPIが必要不可欠です。

Googlemapについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

JavaScriptがベースになる、オープンソースのAPI群になっているため、JavaScriptの基礎知識を持つ人であれば取り扱いはそれほど難しくはありません。
ネットの中には使い方について解説を行っている情報サイトがあるので、初めてAPIs導入したい時など、検索しておくと良いでしょう。


Googlemapは無料で使うことが出来ますが、APIについては有料化が行われているため利用する時には注意しなければなりません。



有料化と言っても必ず所定の費用が必要になるわけでなく、一定の条件に応じて費用支払いが発生します。

例えば、掲載してあるGooglemapへの1日のアクセス数が1万回を超えた時などです。

諸条件はAPIの種類やプラットフォームに応じて変わりますので、ターゲットに応じてどのような費用発生基準があるのかを調べておくと安心です。



また、APIを利用する時には必ずAPIキーと呼ぶものを取得しなければなりません。


これはGooglemapをAPIでコントロールしたウェブページのテストをしたい時にも必要不可欠ですから、最初にAPIキーを取得してからテストするようにします。