Googlemap APIのドキュメントについて

subpage01

Googlemapを利用しているウェブ担当者は多いと言えましょう。


従来、自社ホームページに会社までの地図を掲載する方法には手書きイラストが一般的でした。

地図を掲載する目的は、最寄り駅から自社までのルートを情報を集めている人に伝えることであり、イラストを作成して最寄り駅から会社までの最短ルートを表示していたわけです。しかし、こうした手書きイラストの地図は、単に会社までのアクセス方法を伝えると言う、基本的な部分でしかありませんでした。

Googlemapの最新情報が知りたい方にはこちらです。

例えば、別の駅からタクシーを利用してアクセスが出来ないのか、車を利用した場合は高速道路などからのアクセスはどうすれば良いのか、色々なアクセス方法を知ることは難しくなります。



最近はGooglemapを利用することで、様々な情報を伝えることが出来るアクセスマップになります。さらに、APIを用いるとオリジナルマップの構築も可能になるのもGooglemapの魅力です。


指定の座標地図だけであれば、無料地図サービスから座標値を取得するだけで良いのですが、独自の画像を使用したマーカーをマップに配置したい時などは、APIが役立つ存在になってくれます。

任意の線を地図の中に描く、データベースとの連携で独自の地図情報アプリの開発なども可能になって来るのです。
すべて無料で利用出来るのも魅力ですが、公式サイトを初め、情報サイトを活用することでチュートリアルやドキュメント類を入手出来る、開発がしやすいインターフェースと言えましょう。


尚、利用する時にはグーグルのアカウント、キーの取得が必要になりますが、これらも無料で行えるので興味がある人は一度試しておくと良いでしょう。